仕上がりをみてがっかり…

美容院でヘアカットを行った時、仕上がりを見てがっかりした経験はありませんか。カット前にどんなヘアスタイルにしたいか上手く伝えたつもりでも、美容師さんにきちんと伝わっていない場合があります。カットの最中には気づかなくて、仕上がりをみてから思っていたヘアスタイルと全然違っていた!せっかくうきうきしながら美容院に行き、お金を支払ったのにがっかりしたくないですよね。がっかりしないためにも、美容師さんに上手く伝える事が大事です。

雑誌の切抜きを持参する!

美容院でお任せでカットしてもらう方以外には、自分のなりたいヘアスタイルがある程度決まってから美容院に行く方が多いでしょう。そんな時には自分のなりたいヘアスタイルを伝える事が大事です。一番良いのは雑誌の切抜きを持参する事です。切抜きを美容師さんに渡すだけでいいので、伝える事が苦手な方にも安心です。美容師さんにとっても言葉だけではイメージが出来ない事もあるので、自分の目でみる事が出来る切抜きはとても助かる事です。

どうしても仕上がりに納得がいかない時に!

どんなに一生懸命伝えても、なりたいヘアスタイルの切抜きを持参しても思ったとおりの仕上がりにならない場合もあります。髪質、頭部や輪郭の形によって希望のヘアスタイルにならない場合はありますが、どうしても納得がいかない場合には、美容院でサイドカットをする事が出来ます。通常一週間くらいお直しを行っているヘアサロンが多いです。ヘアサロンを利用する場合には、そういったアフターフォローが充実しているかも選ぶ基準のひとつになります。

ヘアカットの1000円は別に無駄ではありません。専門の人に切ってもらえるので、自分で切るよりも綺麗に切れます。