事業計画書を完成させよう

起業するにいたって、重要なのはどのようなビジネスプランで利益を出すかという点です。このどのようなビジネスで利益を生み会社を運営していくかを記したものを事業計画書と言います。起業する前に必要なものはこの事業計画書をまずは完成させることです。事業計画書に必要な内容は大きく分けると「会社の概要、製品サービス」「ビジネスの戦略」「資金獲得」の三種類を記述していれば最低限足りています。また起業までのスケジュールや協力してくれる人や企業を記載するとよりよい事業計画書になります。

事業計画書、戦略について

事業計画書を書く際に失敗が多いのが、ビジネスの戦略、および資金獲得についてです。ビジネスの戦略でまず必要な事はビジネスプランにおける製品サービスがどの市場に位置しているのかを確認する事です。自分の製品サービスが市場において競合するのか、もしくは競合した上で自分の製品サービスが勝つ事が出来るのかをあらかじめ仮説を立てておく必要があります。また、どうようにその製品を顧客に売り込むかも戦略として必要です。「売れそうだから企業する」だけでは成功する事は難しいでしょう。

事業計画書、資金獲得について

資金獲得出来るのか必要なものは損益計算書、およびキャッシュフローを数年先までの計画として立てておく事です。損益計算書は企業が事業を成功し、成長していくまでを計画立てて実際の財務がしっかりと活動するための必要な指標になります。キャッシュフローは実際に企業に現金が残っているかを見るために必須のものです。仮に損益計算書で利益を出していても、現金が手元になく借りていた資金を返す事が出来ない、いわゆる「黒字倒産」ということもあり得ます。このような事態を防ぐために資金獲得についてもしっかりと考え、記載しましょう。

フランチャイズとは、本部にロイヤリティーを支払うことで経営のノウハウや人材の派遣を斡旋してもらう経営方式のことです。