倉庫バイトはまず、配置を覚えることから

高校生になり、初めてアルバイトをしようとした時に倉庫バイトを選ぶ人も多いのではないでしょうか。倉庫バイトは、高校生から年配の方まで、幅広い年代の人が働いているケースが多い職場です。初めはきちんと挨拶することを心掛け、素直に言われたことの指示通りに動くことが大切です。また、一般的な倉庫バイト業務は、梱包やピッキングが多いでしょう。これらは伝票を持って指定の場所に商品を取りに行く必要があります。まずはきちんとどの商品がどの棚に保管されているか把握することが大切です。配置が頭に入れば、次第に効率的に作業できるようになるでしょう。

服装が重要!動きやすさが肝心です

倉庫バイトは勤務時間中、動き回っていることが多い業務です。ですので、必然的に動きやすい服装で作業することが必要になってきます。特にズボンはジーパンよりも、チノパンなどの柔らかい素材で出来たものが良いとされています。これは、疲れにくいことはもちろん、屈む時などの動作がしやすいメリットがあります。靴はスニーカーなど、かかとの平らなものが良いでしょう。髪の毛が長い場合には、しっかりと結んで髪の毛が商品に付かないように気を付ける配慮が必要になります。

倉庫仕事で気を付けたいポイント

倉庫作業は重い荷物を運んだり、体への負担も大きい仕事といえるでしょう。重いものを運ぶ場合には、軍手を必ず持参して手を痛めないように気を付けましょう。また、腰へのダメージを蓄積させないためにも、商品を持ったまま方向転換する時には、足を軸にして曲がるクセを付けましょう。腰をひねるような動作をしてしまうと、ぎっくり腰など腰痛トラブルの原因を作ってしまうので注意してくださいね。また、倉庫内は乾燥している場合が多いので、水分補給をおこなうことや、休み時間は外の空気を吸うといった工夫をすると良いでしょう。

物流のサポートの内容についてわからないことがあれば、各業者の業務内容や営業利益などを総合的に判断をすることが重要です。