様々な分野でフランチャイズ制度が活かされています。

フランチャイズ制度(代理店)を利用して独立する方が増えています。フランチャイズ制度を取り入れているのは、自動車業界だけでも販売店・修理店・保険屋など、医師や薬剤師のように生命に関わるもの、弁護士や司法書士のように財産・権利に関わるものなど様々な業種にフランチャイズ制度は活かされています。起業をするには、現金や店舗など資本となるものが必要になります。フランチャイズ制度を利用すると、起業経験豊富な方がサポートをしているくれるので本業に集中できるメリットがあります。

フランチャイザーとはロイヤルティー以上の繋がり。

フランチャイズ制度には、権利やノウハウなどを提供するフランチャイザーと権利やノウハウなどの提供を受ける側のフランチャイジーが存在します。フランチャイジーは、提供を受ける代わりにロイヤルティー(対価)を支払わなければなりません。ロイヤルティーの支払方法は、毎月一定額支払う・年払い・成功報酬など様々な形態があり、フランチャイザーはロイヤルティーを得るために営業や資金の融通など様々なバックアップを行います。

忘れていませんか?独立前に退社すること。

ロイヤルティーを払っても成り立つのがフランチャイズ制度です。独立開業をするには、資本金集め・商業登記・営業などやることは山ほどあり、本業は成功しても開業時のトラブルが尾を引くことは多々あります。サラリーマン時代には保険・税金・年金などは勤務先が変わって行っていましたが、会社を辞めた途端からこれら全てを自身が行わなくてはなりません。フランチャイズ制度を利用すると、退社から独立までの段通りもサポートしてくれるので、サラリーマンの方でもスムーズに独立開業が可能です。

自ら自慢の商品やサービスをもっと多くの人に知ってもらいたい、と、代理店の募集に踏み切る経営者は多いです。